家庭内での育休

家庭内での育休

最近では、「育メン」というワードが多く取り上げられるようになり、積極的にパパも育児に参加する時代となってきました。
さらには、男性が育休を取る数も増加しているようです。
ですが、産後も仕事を続ける女性にとって、子育てと家事の仕事量は相当な量になります。
子どもの急な発熱や自分も風邪をひいたりした時は、実家のお母さんやお姑さんの手伝ってもらいましょう。
会社の仕事をしているわけではないので、産後を言い訳にしないで何でもこなさなくてはなどと、無理をしなくていいのです。
赤ちゃんが少し大きくなるまでは、家族に不便をかけることもあるのは仕方のないことです。
しかし、1点気をつけたいのは、夫や母親に対して求め過ぎないことです。
家族という最も親しい関係ゆえに、自分はこれだけのことをしているという感情が表れてしまうこともあるでしょう。
そんな時には、気持ちを落ち着けて、いつもしてくれることに感謝するようにしましょう。
お互いに「母親なのだから、すべき」とか「父親でしょう」といった言葉が出てしまわないようにしましょう。
育児や家事で夫婦が共に疲れて、互いにぎくしゃくしてうまくいかない時には、夫と妻共に家庭の中で育休を取ってみるのも効果的かもしれません。
今週の土曜日はママの育休、来週の土曜はパパが休むなどと、決めてみると良いでしょう。
出産後には一人の時間というのが持つことが難しいので、外で一人でのんびりと過ごすのもリフレッシュになります。
友人と食事を楽しみながら育児や仕事の様子を話すのも良いでしょう。
男性も、友人と会って上手に気分転換をすると、仕事や育児に励む力になるでしょう。
夫婦で協力し合いながら忙しく日々を過ごしているうちに、赤ちゃんはすぐに大きくなります。