出産後の支援制度

出産後の支援制度

育児と仕事の両立をしている女性が仕事を続けるための支援は、少子化対策によって徐々に整えられています。

出産後にすぐ仕事復帰するというのは大変な面も多いですから、支援制度も上手に活用するとよいでしょう。

しかしながら、制度によっては利用する際に必要な書類を揃えなければならないこともあるので、役所で詳細をチェックしておきましょう。

出産後早くからサポートしてくれる何種類かの支援制度を見てみましょう。

一つは、乳児家庭全戸訪問事業という制度ですが、これは資格ある保健師さんなどが乳幼児のいる家に行って、育児と家事の援助や育児指導をする制度です。

保育ママ制度とはどういったものかというと、自治体で定められた資格をクリアしている家庭で赤ちゃんを見てくれる制度になっています。

生まれてすぐの乳児から満3歳を迎える前の子どもが対象で、自治体が保育料の一部を払ってくれます。

まだあまり知られていない「ファミリー・サポート・センター事業」は、保育時間外や保護者の急用時に子どもを見てくれる支援が利用できる制度です。

看護休暇は、小学校入学前という条件付きで子どものケガや病気の際に、1年間に5日までならば休暇が申請できるものです。

子ども手当は、子どもが15歳の誕生日を迎えてから初めの年度末までに保護者に手当が支払われます。

また、保護者が片親の場合を対象に支援することを目的とした制度も充実しています。

自治体ごとにそれぞれ実施されている住宅支援制度が利用できる場合もあるので調べてみるとよいでしょう。

公的支援制度として含められていないNPO法人主体の育児サポートもたくさんあります。

さらに、子育てに関する相談や悩みなどの問題解消には、インターネットの子育てサイトもおすすめです。

出産を終えた人が直面する悩みや、仕事での悩みや人間関係の築き方など、子育てを経験した先輩たちのアドバイスはとても助けになるでしょう。

新潟の女子100人が選んだ脱毛サロンはどこ!?【新潟の脱毛調査隊】
新潟の美意識の高い脱毛女子に選ばれた満足度の高い脱毛サロンを紹介しています。
www.xn--efv30lg7ckvz.net