保育園選び

保育園選び

出産後に仕事を再開するなら、家族の中で子どもを見てくれる人がいないと、子どもの預け先が見つからないと始まりません。
保育園は現在、入園申し込み希望者に対して保育園の数が足りていないために、待機児童問題が出てきています。
認可保育園の申し込み時期は、大抵11月以降に受付を行なうようです。
必要な申込書は、保育園の他に自治体の役所でも配布されます。
子どもが待機児童になってしまったり、夜間や休日の保育をお願いしたい場合は、無認可保育園の利用も候補として考えましょう。
しかし、無認可とはいえ行政による指導を受けて施設運営が行われています。
その他にも、会社が運営している託児所や保育制度が整っているところもあるようです。
保育を行なう時間や保育料・入園の条件などは、どの保育園も同じわけではありません。
出産後はまとまった時間が少なくなるので、子どもを出産する前に保育園について調べておきましょう。
また、保育園によっては入園申し込みを出産前に受け付けているところもあるので、希望の保育園が見つかったら早いうちに入園の申請をしましょう。
希望の保育園を選ぶときに、自宅などからだいぶ離れている施設よりも近所にある認証保育園のほうが大変さが少ないようです。
それ以外には、定時で終わらない仕事や日曜勤務などがある仕事なら、無認可の私立保育園のほうがお勧めです。
さらに、出産後間もないうちに赤ちゃんを預けることに不安を感じるお母さんも多いですが、そうでもありません。
子どもが大きくなってくるとお母さんと引き離される不安を感じるようになり、保育園で急に泣き出してしまったりするという話がよく聞かれます。