出産後の健康管理

出産後の健康管理

女性の場合の妊娠や出産というのは、もともと健康である人でも、出産後の健康管理が必要不可欠です。
出産後に職場復帰を望むのであれば、体力面だけでなく精神面も良好な状態に保っておくことが大切です。
出産後は、ホルモンバランスの変化などによって、出産後特有のうつ病にかかる人も多いようです。
また、赤ちゃんが4か月くらいになるまでは、母乳を与える頻度も多いので夜なかなか寝付けない方もいらっしゃいます。
これらに加えて身の回りの仕事や家事などが加わると、身体にも負荷がかかってストレスも溜まりやすくなるでしょう。
身体面精神面ともに健康でいるために、はりきりすぎないことが一番の秘訣と言えます。
出産後ある程度の時期は、訳もなく涙が溢れてきたり、焦りや不安が募っていくということもあります。
もし出産後うつかもしれないと感じても、多くみられる症状ですので過度の心配は必要ありません。
赤ちゃんの夜泣きなどで寝不足が続くようなら、夫や母親に子どもの面倒をお願いするなどして、充電の時間を取り分けることも重要です。
腰痛などで体が辛い時には、赤ちゃんの抱っこを控えることも大切です。
育児、家の仕事から会社の仕事まで全部を完璧にこなさなくてはと思わないようにしましょう。
他の家庭の母親と比較して自分で自分を無能な母親だと不安に思わないでください。
体力も気力も尽きてきたら、赤ちゃんと一緒にゆったり過ごしましょう。
とはいえ、頭痛が引かないなど体調不良が長引く場合には、すぐに診察を受けてください。
赤ちゃんの定期的な健康診断を受ける時に、母親や夫にも来てもらい、母親の健康診断も同時に受けると良いでしょう。
また、それぞれの自治体ごとに、育児の面で力になってくれる保健師さんが在籍していますから、相談してみるのもよいでしょう。