産前産後休暇と育児休暇

産前産後休暇と育児休暇

ほとんどの女性にとって、出産は人生の大イベントと考えられます。
体力的にも精神的にも多くの労力をつぎ込むことでしょう。
そうした理由で、働く女性でも出産にエネルギーをつぎ込めるように、法によって、産前産後休暇というものを申請できるようになっています。
定められている産休の期間としては、出産前と出産後にそれぞれ6週間と8週間の期間が設けられています。
もし2人以上の赤ちゃんを妊娠していることが確認出来た場合は、14週間の産前休暇を取ることができます産前休暇というのは、出産予定日から逆算した期間が認められます。
出産が予定より早まったり遅れたりしても慌てる必要はありません。
例えば、1週間遅い出産になった場合でも、規定の6週間に1週プラスされた7週間が産前休暇として適用されます。
出産後の休暇期間は、出産した日から職場に復帰する前日までの日にちが適用されます。
仕事の都合で雇用者側が産休期間中に働かせることはできませんが、本人が納得の上ならば6週間に変更することができます。
どういった雇用形態であっても、産休というのは、パートタイマーやアルバイトの人でも取得できます。
育児休暇を取ろうとする場合は、産後休暇満了日の次の日から1歳になるまでの期間得ることができます。
知っている人も少ないでしょうが、育休は男性も女性と同じように申請可能なのです。
保育園側の事情により入園できない場合など、どうしようもない事情がある時は、1歳6か月まで延長できます。
生活保障として、育児休暇中に得られる「育児休業給付金」というものを受けられます。
育児休暇に関しては、産休の場合と異なり、パート・アルバイト以外の社員だけとする会社が多いようです。
この「育児休業給付金」は、勤続年数などいくつかの条件を満たせば給付してもらえるようです。
給与などの支払いについてやその他の細かい点は一律ではないため、雇用者に事前にしっかりと確認しておくことが大切です。